大学の誹謗中傷対策

大学や専門学校の広報活動において、近年、最も重要になっているのが、ネット上の評判(レピュテーション)対策です。大学・専門学校は掲示板やSNSなどで様々な誹謗中傷の書き込みが行われる傾向があります。書き込みや投稿記事はネガティブなものが多数含まれる場合があり、入学を検討している受験生や保護者らの目に留まりやすいです。

レピュテーション

WEB広報の大学レピュテーション事業部では、大学や短大、専門学校のネットでの誹謗中傷対策をサポートしております。2ちゃんねる(2ch)やミラーサイト(2ch.sc等)などの掲示板、ブログ、twitterなどのSNSにおいて、大学や学生、教員・職員が誹謗中傷されたときは、その解決のための対策を提案し、迅速に実行いたします。

ネット上の評判改善へ、逆SEO

WEB広報では、大学向けの逆SEO対策(リバースSEO)を主力事業の一つとしています。大学の名前や学部の名前で検索したきに、ネガティブな情報が上位に表示されないように、様々なメディアやサイトを構築し、積極的な情報発信をサポートしていきます。

教授個人の検索対策も

WEB広報では、大学の教授など個人に対する誹謗中傷やネガティブな書き込みの対策として、個人向け逆SEOも承っております。個人名の場合は、大学名に比べて料金が割安くなりますので、お気軽にご相談下さい。

2ch(2ちゃんねる)炎上対策

当社では、大学や短大、専門学校に関する2ch(2ちゃんねる)の書き込みや炎上の監視や対策も行っております。炎上のきっかけになり得るよう投稿をいち早く見つけ、対応策を提案いたします。総合的なレピュテーション対策により、大学の評判向上へとつなげていきます。

アーカイブメディア制作

当社では、大学・専門学校向けにアーカイブメディア制作を行っています。 大学や専門学校が創業以来蓄えてきた様々なコンテンツをWEBメディア化し、 PRにつなげます。 文化、スポーツ、科学などあらゆるジャンルに対応しています。 キャンパス内で起きた歴史的な出来事やニュース、研究・活動成果を、 より価値の高い情報として広く発信していきます。

100年以上生き続けるWEBページを

大学や専門学校のWEBサイト制作にあたっては、 長期にわたって価値を維持できるページを作ることが重要です。 年月が積み重なるとともに、 情報が厚みを増し、 歴史的な記録として重宝されるページです。

WEBページは、 長期にわたって更新を続けるほど、 Google(グーグル)などの検索エンジンからの評価が高くなるからです。

流行や世論に左右されないWEB基盤

アーカイブメディアが、大学の歴史の記録としての役割を果たせます。 大学の発展とともに、コンテンツが蓄積され、SEOのパワーを強めることができます。 一時的な流行やネガティブな世論に流れない強固なWEB基盤としての力を発揮します。

逆SEOの問い合わせ





大学教育に関する参考記事

【1987年】早稲田大学人間科学部とは

リーダー育成

スポーツ界のリーダー育成を--私学の雄、早稲田大学はこの4月から埼玉県所沢市の新キャンパスに新しく人間科学部を開設する。「人間科学部」の名称そのものが全国で4番目という目新しさに加え、具体的なテーマとして、早稲田大学のスポーツの伝統を継承し、スポーツ科学と真正面から取り組もう、というのが新学部の大きな特色のようだ。高校スポーツ界の優秀な選手を集め、競技力向上もめざす一方、医療やレクリエーションなど広い分野に役立つ人材を育てたい、と関係者は意気込んでいる。

スポーツ科学科

「人間科学部」が話題になったのは1月31日のことだった。スポーツ科学科の特別選抜合格者として40人が発表された。合格者は24競技にわたっており、全国でトップクラスの活躍をした選手たちだ。例えば1986年の夏の甲子園で優勝した天理高の本橋雅央投手、同じく準優勝の松山商で一番打者として大活躍した水口栄二内野手。水泳ならソウルのアジア大会4冠の藤原勝教君(近大付)、やはり同大会の金メダリスト関戸直美さん(文京学園女)らだ。
いわば競技スポーツの分野における次代のホープたちとともに、新学部の名がクローズアップされた格好。だが、同学部開設準備室長で、初代学部長に予定されている浅井邦二・文学部教授(心理学)は、いささかまゆをしかめる。「特別選抜の話題だけが先行して欲しくない。もちろん、彼らが大学スポーツ界でも一流選手として活躍し、早大の名を上げてほしいという気持ちはあります。けれど新学部の狙いは、早大の競技スポーツを強くしたいというのではない。スポーツを、人間が生きていく上での精神文化の一環としてとらえ、幅広く研究しようとしているのです」

人間健康科学科

学部は人間基礎科学科(100人)、人間健康科学科(160人)、スポーツ科学科(240人)の3学科から成り、定員は500人。スポーツ科学科の特別選抜は、1986年まで教育学部の体育学専修で行っていたものを同学科に移したものだ。1986年の特別選抜は32人。1987年、新学部開設に伴って、運動各部から「人数を倍ぐらいに増やしてほしい」との強い要望があったが、あえて8人増(新しく女子を4人)だけに抑えたという。一般応募の方は26日に試験が行われた。合格発表は3月9日。
早稲田大学は1982年、100周年記念事業の1つとして新学部の設置を打ち出した。検討を進める中で人間科学系と体育・スポーツ系の2つの学部案が残った。また、それとは別に、早大には長い間、医学部待望論もあった。これらの経緯が組み合わされる中で、人間の体そのものにスポットを当て、健康、スポーツといった領域を追求しよう、という学部の内容になったようだ。

社会環境、自然環境

そもそも「人間科学部」は47年に大阪大学が初めて開設、その後、文教大(埼玉県越谷市)、常磐大(水戸市)が同名の学部を設置している。これらの大学では心理学、社会学、教育学といった領域からの学際的研究が中心だった。体育学や医学の領域に踏み込んでいる点が早大の新しい試みといえそうだ。
学部の基本的なテーマとして浅井教授は「生涯発達」をあげる。「これまでは発達というと幼児から青少年までが中心だった。さらにそのうえの成人、中高年、老年といったところまで含めて考えたい」。人間基礎科学科で、この生涯発達の過程を社会環境、自然環境とのかかわりを通して研究する。人間健康科学科では「心の健康」が中心。「病気になって治療するのは医学に任せる。病気になる以前、あるいは病気が治った後の問題を考える。精神医学とか予防医学の分野ですね」と同教授は話す。

学科の枠を超えた幅広い研究

スポーツ科学科では既存の体育学科の枠を超えた幅広い研究をめざす。体育とスポーツがどう違うのか。現在、早稲田大学の体育局長で、学科主任が予定されている窪田登教授(体育学)は「従来の体育学科の中心は、学校体育の先生を養成することだった。しかし今は、企業におけるフィットネスや地域のスポーツクラブなど、もっと幅広い指導者が求められている」という。つまり、体育が知育、徳育と並び称せられ、教育のカテゴリーに含まれていたのと違って、生涯を通じた健康作りに正しい人材が必要、という考え方のようだ。
「アメリカで最近、ウェルネス(Wellness)という言葉が使われる。肉体的に健康なだけでなく、精神的、情緒的、社会的にすべて満たされた健康状態のことをいうんです。そうしたウェルネスの追求が今後、21世紀に向けてますます盛んになりつつある」と同教授は言う。